2015/12/25 Fri

むぎの寝かしつけから戻ったら、リビングがロボット製造工場になっていた。
ちょもが描いた設計図をもとに、ベア工場長が製作。
腕のストローはちょもに挿させてあげたりして、優しいなぁ、おい。
「えっ、作れないよ、無理」でバッサリ断ってる自分を反省するとともに、
「これからも工作系はお願いしますっ」て心で叫んだよねwww
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック